2015.12.18

チッピングについて。

チッピングについて。

岩の形状を意図的に変化させる行為。
これにより難易度を変化させたり、あるいはルート・課題そのものを消滅させる行為。
チッピングにより生まれたホールドは文字通り人工ホールドと言えるでしょう。

最近、チッピング疑惑が話題に上ることが非常に多くなっています。
内容は、既存の高難度ボルダリング課題がグレードダウンされる形でチッピングされているのではないか、というものです。
既存ルート・課題のチッピングがフリークライミング・ボルダリングにおいてどういう行為であるかを改めて僕なりに考えてみたいと思います。
もし、チッピングって何?という方がいましたら、長文で申し訳ないのですがご一読いただければと思います。

---------------------
フリークライミング・ボルダリングの定義は登攀における前進手段として自らの肉体のみを使用することです(クライミングシューズやチョークは現代ではほぼ容認されています)。
ボルト設置、ロープの使用、クラッシュパッドの使用、プロテクションの類は前進手段ではなく、あくまで墜落時の安全確保のためです。

【スポーツとしてのルール違反】
例えばグレードダウンを狙ってチッピングを行い、登ったとしてもそれは前進手段としてホールドを変化させているので、先に述べたフリークライミング・ボルダリングの定義に反する行為ではないでしょうか。
それはルール違反と言うべきもので、記録として認められるものではないでしょう。
少なくとも僕は認めません。

【クライミング文化の破壊】
既存ルート・課題は、当たり前ですが開拓者、初登者が存在します。
岩を見つけ、掃除や整備を行い、自然が生み出した形状の中にラインの可能性を見出し、登ったのです。
既存ルート・課題は開拓者や初登者の思い、労力の結晶であり、一種の作品、文化でもあります。
そして更に再登者達の思いも重なり、その歴史そのものが既存ルート・課題の魅力にもなります。
それを意図的に変化させてしまうチッピングは、開拓者、初登者、再登者に対しこれ以上ないほど侮辱的な行為であり、そしてこれからトライするであろう人達から、その文化の共有体験を永久に強奪する行為です。
僕は、何よりもこの文化の破壊行動こそがチッピングの許されない部分だと思っています。

チッピングが愉快犯的な意図で行われるのか、チッピングした本人が登りやすくするために行われるのかはわかりませんが、何れにせよ、フリークライミングのスポーツ面、文化面のどちらも侮辱する卑劣な行為に他なりません。

人意的な変化ではなく、自然環境によるホールドの変化や、トライされることによるホールドの変化は多かれ少なかれ、早かれ遅かれどんな岩にも起こり得ることです。
それは自然物を登攀対象にしている以上、仕方のないことだし、ときにはその変化が既存ルート・課題にさらに魅力を与える場合もあります。
しかし、チッピングされた既存ルート・課題は二度と元に戻すことはできません。
自然物の中に見出された可能性は、誰かのエゴにまみれた人工物になり変わります。

もし自分の初登課題がチッピングされることがあったら…と想像するとチッピングされたそれを自分が名付けた課題名で呼んで欲しくありません。
それはもう僕の課題ではないのですから。
チッピングされたと聞いて「課題を消滅させてしまいたい」と思ってしまう初登者の心情は察して余りあります。

僕がフリークライミングを始めて15年ほど経ちました。
まだまだ未熟ですし、浅い経験でしかありません。
たかが15年程度のキャリアで何がわかる、と諸先輩方には叱られてしまうかも知れませんが、僕が始めた頃と比べクライミングジムは増え、岩場には人が溢れています。
それだけクライミングが認知され、クライミングというスポーツに親しむ人が増えたことは、素直に喜ばしい事だと思います。
しかし、人が増えた事により文化としてのクライミングの濃度は薄まりつつある様な気もします。
もしかしたら、ここ最近のチッピングと疑われている騒ぎも、この文化の薄まりから出ているものなのかも知れません。

今思えば僕は、先輩達に恵まれクライミングの文化面について見聞きする事や、学ぶ機会が多かった様に感じます。
もしかしたらそれは、今よりクライミングがマイナーだったから、人と人の距離が近く自然とそうできたのかも知れません。
昔はよかった!と嘆くことは簡単ですが、それだけではクライミングの文化はそれこそ廃れてしまうのではないでしょうか。
先輩から受け取ったものを、できることならより豊潤な文化として次の世代に伝えられる様、僕は努めていきたい。

願わくば、クライミングを愛する全ての人に、素晴らしいクライミングライフを。

----------------

長文、拙文にお付き合い頂きありがとうございます。
上記はあくまで僕の個人的な見解です。
人一人でできることなんて、たかが知れてると思います。
でも、クライミング文化のはじっこに携わっている身として。
そして先輩達からクライミング文化を学んだ身として。
チッピングしている人が存在するのだとしたら、その人自身の為にも、二度とその様な行為を行わせない様、また新たにチッピングを行なう人が現れない様に、少しでも抑止力になればと願い、僕の考えを表してみました。
様々なご指摘、ご批判もあるかとも思います。
むしろ、その様な多様性こそ文化を豊かにしていくものだと思います。
何かご意見ございましたら、コメント、DMあるいは口頭でも結構です、僕に直接お伝えください。
可能な限りではありますが、向き合いたいと思います。

未熟者ではありますが、今後とも宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.11

初登記録②

当ブログでは書いてませんでしたが、ちょうど一年前の1月3日にトライを開始したプロジェクトが登れました。都合3日目当日3便目。


初日
2014/1/3
井上さんから岩発見の報告を受け、いそいそと向かった先に素晴らしいルーフを備えた岩!
上部は氷柱が垂れていて大した掃除道具も持たなかったのでスタートから中間部までのムーブ確立。ルーフの中のムーブが僕にとってはできないムーブじゃないんだけど、非常に疲れる内容だった。

二日目
2014/5/19
大雪の影響でずいぶん時間が経ってしまった。
山は新緑がとても綺麗でした。
ルーフ内の核心ムーブをさらに煮詰め、トップアウトを狙うも、上部ホールドの欠損などありヨレて登りきれず。うーん。

三日目
2015/1/3
やたら忙しかったりしてちょうど一年経っちゃった。
初めてロープを垂らし抜け口付近の掃除。邪魔な腐った木を取り除いたり、凍りついた腐葉土を叩き割ったりして何とかトップアウトできる状態にする。…普通、掃除って初日にやるよねと思ったりして。
掃除後、下部核心のムーブチェック。前回の印象と比べると負荷が軽くなってるように感じられた。慣れたのか成長したのか?
つなげトライの1便目、2便目は寒さと岩の冷たさで指が悴みダメ。
3便目。あまりの寒さに井上さんとフォト山さんが辛そうなので、妙なプレッシャーを感じつつトライ。
下部核心を安定してこなし、中間部ですごく指が悴んだものの、必死のパッチで完登できた。
ルーフ内のブラインドホールドへのヒールフック、続くテクニカルなヒールフックが印象的な課題でした。
登れると意外とあっさり。二日目のトライ中はもしかしたら三段かな?と思ってたけどどうだろうか?
再登してくれる早船さんとサトルの意見を参考にグレーディングしよっと。→2人がトライした結果、より易しいシークエンスが見つかり、初〜二段ぐらいとのこと。











課題名は「ひこうき雲」。

この日、陽の当たらない谷底から見上げた真っ青な空に白い飛行機雲が光っていてとても美しく感じました。

いつもの様に岩を見つけては教えてくれて、当日も付き合ってくれた井上さん。
この岩で登るとき毎回写真を撮ってくれたフォト山さん(当ブログのひこうき雲の写真はすべてフォト山さん撮影です)。
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.10

初登記録①

いくら何でも、自分の初登登記録ぐらいブログアップしないとダメだろー。

と言うことでSNSからサルベージしたところ、2013年2月24日に、川井ボルダー(現在登攀禁止)に、自分の初登課題【かちくん】二段のシットダウンスタートバージョンを登りました。多分初登。
得意な岩質、傾斜、ホールドなので、この頃の僕の弱っちいフィジカルでも何とか登れました。
この日1日結構打ち込んだ末の完登で、このトライを逃したら指皮が裂けるのが確実だったので、ギリギリでした。フィジカルはピーク時より落ちているものの、メンタルの持って行き方や、完登に至るまでのタクティクスなどは劣化しておらず、むしろ昔より洗練されていた様に感じました。最後のトライでの集中力は自分でも心地よく、今できる最高のトライだったと思います。登れてうれしいのはもちろんですが、そういう登りができたことがうれしかったです。

課題名は【下からかちくん】とか【座ってもかちくん】とか考えたのですが、めんどくさいので、普通に【かちくんSD】とかって呼ばれればいいかなと。
グレードですが再登者の意見を聞こうにも、初登後1ヶ月くらいで登攀禁止となってしまったため、再登者もいるんだかいないんだか?
体感としては【かちくん】が二段で合ってると仮定したら三段、なのかな。

いずれにせよ、僕の大好きな川井ボルダーは現在登攀禁止です。いつの日かまた登れる様になることを心から願ってます。

写真や動画はなし(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.11

久々の三重ボルダリング

仕事にかこつけて、親愛なるセッションフレンド・熊野のシンくんに会いに行ってきました。

シンくんの実家にお泊りさせてもらって、夜中までビールを酌み交わし、朝はシンくんの奥様のちぃちゃんの朝ごはんをシンくんの子どもらと一緒に頂き、そしてそのまま、シンくんファミリー皆で久々の銚子川。

これまた久々の芝もっちゃん、アキラさん、前さん、三重の若手ホープのケイタくん、そして名前を失念してしまったメガネの彼と、そして各家庭の子どもたち。

なんだろうなー。
このピースフルな感じ。

今年3回目の岩は前回の雨の耶馬渓に引き続き最高でした。
本当に好きなとこですね。

成果はアップのスラブ4本と【浦霞】初段1本、【時の回廊】三段敗退、3級くらいのアキラさんFAハング1本、アキラさんFAハング1級くらいの1本2撃、かな?


美しい清流。
楽しい岩。
子どもたちの笑顔。
大人たちの笑顔。




【浦霞】初段
http://youtu.be/sb0yAZ9nm1Q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.22

GRT第2戦ZIPROCK

すっかりブログアップを忘れてたけど(そもそもこんなブログ見てる人いるんだろうか?)、福岡ZIPROCKで、先々週GRT第2戦やりました。
僕は相変わらずセッター兼MC。
課題はやたらカチ多めになりましたねー。何故かセッター陣が今回はカチ志向だったんですねw

改めて思ったけど、しょこたん強っ!数馬君強っ!って感じ。
普段のZIPROCKテイストとは全然違う課題を楽しんでもらえただろうか?

運営の方で集計ミスがあり参加者の皆さんには本当に申し訳ないでした。
僕の立場ではなかなかそこまで出来ないのですが、改善してもらえる様努めます。

とか言いつつ明日からGRTサッポロのセットで札幌入り。
どんなテイストの課題にしようかしら?セットは楽しくて苦しくて面白い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.04.17

ONE MOVE

久々に人に感動した。

タイトルのジムオーナーの人柄、そして御歳52歳にしてのその強さ。

僕みたいな素人のペーペーが言うのもおこがましいけど、あの姿は「自分のなりたい自分」を突き詰め続けた今なのではないだろうか。

本当に尊敬できる、まさにレジェンドだった。

一緒に登らせてもらい、加藤さんが作る課題てセッション。
その課題から、その人柄から、勝手ですが感じ入るものがありました。
僕も52歳になった時に加藤さんの様な素敵な笑顔を浮かべることができるだろうか?

全ては今の積み重ねが決める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.18

GRT2014第1戦& more

今年もやりますGRTって事で、初戦は船橋TOKYO-BAY。
箱の都合で日中インパクト音がNGとの事で、人生初の夜間セット!
結論から言うと、36歳の身体にはちょっと…いや、大分辛い感じでしたw
それでも課題はなかなか良いものが作れたんじゃないでしょうか。けっしてホールドの種類も数も豊富とは言えない状況でのセットでも、セッターが頭を使えばある程度は何とかなるんだなと言うことがわかりました。
今回も濱田の経験とセンス、大ちゃんの強さ、モモやんの成長と気遣い、川上さんの懐の広さ、小西の笑い話に助けられました。僕の作った課題も、予選、決勝共にまあまあだったかな?ミドル男子決勝三課題目はちょっと悪すぎたみたいだったかなー。匙加減が難しい…
濱田先生のセットからはまた今回も色々と学べたので、次に活かそうと思います。

土曜のコンペ終了後は、濱田と2人で竹内家にお邪魔。何故かベルクマンの法則について語り合った。
ほぼクライミングの話は無しでソファで寝落ち。

日曜。竹内家の一人娘、なこちゃんに起こしてもらい癒されまくり。何度かなこちゃんには会ってるけど、今回でようやく打ち解けて貰った様でけっこうイチャイチャさせてもらいました(^^)
みんなでモーニング食べて、竹内家とはお別れし(トシちゃん、マイちゃん、なこちゃんありがとう!)、濱田が送ってくれると言うので、一緒にアングラ一周年に。
のんびりしたし、絶対コンペには間に合わないだろうと油断してたら、ギリギリ間に合ってしまい、ルールもわからず、アップもなしでコンペ参加w
ほとんど登れず終了www
結果10位と言うよくわからない順位でしたー。
決勝観戦しようとしたら、おっくんとパチくんにマイク渡され、昨日のMCで既に終わってる喉にトドメw
近くに座ってたミクミクに助けを請い、MCの負担を半減させて貰って何とかこなしましたが、さすがにスカスカ。
打ち上げのパーティでビールを数本飲んだら昨日同様にソファで寝落ちw

楽しくもハードな数日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.07

来週から

GRTが始まります。
3月から7月までの期間に、予選会7戦、本戦1戦の計8戦をプロデュースしてセッターしてMCします。

正直、大変だし、全権委任させてもらってるわけじゃないし、僕はプロのセッターではないし、力不足な部分があります。
でも、こんな機会が与えられる事は滅多にない事だし、自分自身のクライミングレベルを否応無く試される良い機会だと思っています。
そのために、遅々たる進捗ですが復帰に向けたトレーニングもしてきました。
あとは参加者の皆さんに楽しいコンペだったと思ってもらえるよう全力を尽くします。

…合間(そんなものあるのだろうか?)には岩行きたいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.20

雪がね

3月からのGRTセット業に向けて、少しずつですがクライマー復帰率上昇中。
だんだん、動ける様になってきました。とはいえ、もうちょっとシビアな課題も登れる様にならないとな。
そういった感覚を確認する意味でも岩に行きたいのですが、稀に見る豪雪。

岩は、ちょっと遠出しないとしばらく無理な感じですな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.10

ブログ空白期間に

何をしてたかって言いますと、







ま、クライマー復活を目指して細々と登ったりしてました。

岩はと言うと、えーっと…

【かちくんSD】三段 初登・川井ボルダー(現在登攀禁止)

【レインマンの左のライン】初段くらい 日原ボルダー
動画↓
http://vimeo.com/70765221

【陽だまり】二段 15分くらい 初恵那

ぐらいしか登ってないかな?

コンペはちゃんとしたのは出てないけど、横パンでやったMrメモリアルでなぜか優勝したり。

その他はやたらセッター的な事をやってました。
そこそこ立派なツアー戦のコンペのプロデュースから現場でのハンドリング、セッター、MC等々。
これが大変なのは当然なんだけど、ものすごく僕自身にとっても勉強になりました。
今年もやるんですけどね。規模が倍くらいな感じでw

というわけで、クライマー復帰は70%ぐらいってとこです。保持力と引きつけですね、やっぱり。テクニックで誤魔化せない局面での対応力がまだまだ。

今年はそういうところを地道に解決したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ひっそりと