« ヨセミテ目前覚書1。 | トップページ | 御嶽。マーブー。お泊まり。 »

2009.10.14

TEAM 5.10!

Dsc00151

先日からテストしてるこのシューズ。

正直言いましょう。グンバツ(抜群w)です!
僕のクライミングシューズ遍歴で、特に相性がよかったシューズと言えば旧V10だったのですが、TEAM 5.10はそれを超える可能性を感じます。

以下にその内容をば…。


TEAM 5.10 ¥16,500-(予価)

・Triple pull tabs
・Slingshot heel
・VELCROョ brand closure
・Elastic closure
・Fish hook midsole
・Stealthョ Mystique・outsole - 3.5mm
・Microfiber upper
・Downturned toe
・2mm toe cover
・Made in the USA
・Weight - size 9: 7.20oz / 204.12g

足入れは細身でなおかつアッパーラバーの影響によりJET7と比べるとよくはない。入ってしまえば旧V10とほぼ同じ感覚です。サイズも旧V10と同じチョイスでOKと思われます。(僕はJET7は6HでTEAM 5.10は8です。参考までに)
ソールはMystique3.5mm。そして大きく爪先を覆う2mmのトウラバー。フィッシュフックミッドソール。この3点が影響しあって、素晴らしい性能を実現している。
ソール面の状況把握がしやすく、足指の入力に対しダイレクトに反応してくれる。点で乗り込むような使い方も、足指で掴むような使い方も非常にコントロールしやすい。
アッパーの高剛性とソールのダイレクト感が絶妙なバランスを生み出してる感じです。足指が使えている人にとっては最高に使える爪先に仕上がってるのではないでしょうか?

V10やJET7のHFソールと比べ、フリクションはどうなんだろう?と心配していたものの全く問題なく安定して高いフリクションを得られてます。極小エッジに乗ってもラバーがよれる感じもとくにありません…Mystique恐るべし。

Dsc00152_2

また左右非対称のヒールカップがいい。過去発売されたドラゴンタイプのシューズでは最高にフィット感がよいのではないでしょうか?ベルクロの効果もあって、繊細なヒールフックもコントロールしやすく、脱げにくい。内側のラバーに空けられたスペースが踵をしっかりキャッチしてくれます。

あ、さすがにトウフックはJET7の方が使いやすいですね。リキッドラバーがトウフックに対し効果絶大なのはもはや常識ですし。

総括しますと…オールマイティでありながら全体的に高性能なJET7に対し、TEAM 5.10 はよりデリケートな足使いを要求される課題に向いているシューズというように感じます。この2足はタイプが違うシューズです。課題によって履き分ける楽しさがありますね。
確実に言えることは!「V10好きは履いて損なし!」でしょうか。

国内販売は2010年春の予定だそうです。乞うご期待!

追記 なんと年末に早期入荷予定になったそうです!!!


もちろんヨセミテいき決定♪

|

« ヨセミテ目前覚書1。 | トップページ | 御嶽。マーブー。お泊まり。 »

climbing shose」カテゴリの記事

コメント

これであの馬道の綺麗過ぎる薄かぶりを登っちゃうんですね!!

思い出しただけで身震いしてくるぅwwww

投稿: みつお | 2009.10.15 11:23

> みつおくん

登っちゃいたい!
いまは期待と不安でおセンチでございますwww

投稿: SIN | 2009.10.15 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244589/31784090

この記事へのトラックバック一覧です: TEAM 5.10!:

« ヨセミテ目前覚書1。 | トップページ | 御嶽。マーブー。お泊まり。 »