« The Valley days 09. day1. | トップページ | The Valley days 09. day3 »

2009.11.08

The Valley days 09. day2.

10/25

カリフォルニアの夜明け前を我々のDollar号は突き進み、野を越え、丘を越え、谷に入り、ヨセミテ国立公園のゲートをくぐる。
途中、カールスJrでドライブスルーに寄ったのと、トイレ休憩1回、給油1回で約4時間半で、ヨセミテの象徴であるエル・キャピタンさんご登場。

Sany0008
どどーん。

やっぱりそのお姿は雄大なわけで、ロッククライマーの端くれである僕ちゃんは感動するのです。何度目でも。

そしてCamp4へ。キヨスクでは既にキャンプサイト登録の順番待ちが出来ていて、僕らも列に並び、無事に5番サイトをGet!
早速テント設営して、クマ箱をガッチャンゴットン言わせながら食料品等を収納。7泊8日キャンプの準備を整えて、10時過ぎには登りに出かけました。

まずはCathedralへ。
【The Otagon】右横の【Ladder Detail】V5をアップでフラッシュ。これはメンバー全員完登。
それから【Octagon Traverse】V8を先に来ていたサンフランシスコローカルがトライしてたので混ぜてもらって、これは2撃。幸先よし♪
さらにザクが昨年から宿題にしてる【The Hexcentric】V7をお手本トライで1発リピート♪

Hexzaku

【The Hexcentric】V7トライのザク。

Topoutryosk

【Ladder Detail】V5をトップアウトした森の小人風Ryoskくん。

それから【Fish Head】V7にトライしてムーブを解明するも、完登トライでスリップしたので、河岸変え~。


お次はSentinel Boulderへ移動。

実はまだこのエリアは来たことがなかったのでお初。
このエリアで、イーサン・プリングルにそっくりなイけてないクライマーを見かけて似てる人はいるもんだと思ってたら、後ほど彼が本人と判明!
本物はムービー以上にオーラがなかったwww

とまれ。

ここには【No Holds Bard】V7というクラシックがあり、僕はどうしてもトライしてみたかったのだ。そのラインは写真や動画で見るよりも高く美しかった。
これをフラッシュしたらスゴイ充実感に違いない…。そう思い集中して取り付く。

スタートからバランスが悪くて一手一手が遠いカチ。どうにかこなして、リップ直下のスロパーを保持して核心と思われる一手を飛ばす。右手がカチを保持したものの、高さから来るビビリでつい手を離してしまいあえなく一撃失敗。チーン。
これはかなり悔しかった!完全に精神力で負けてしまった感じ。最近岩を登ってない影響がもろに出た瞬間でした↓。

この後、Fresnoから学生のタケシくんが米国クライマー達と共に登場。一気に場が賑やかになった。

気を取り直して、2トライ目。かなり気合を入れて核心に突入。下から米国人達の「Come On!」が聞こえる中、右手のカチを止める。そしてマントル。…ガバだと期待してたらフツーにタルいマントルだったけど、落ち着いてしっかり返してトップアウト!

ものすごく嬉しい!
ヨセミテには素晴らしい課題が多いけど、この【No Holds Bard】は特に素晴らしい。
はっきり言って、この課題をやるためだけにヨセミテを訪れるのも全然アリだと思います。トポのYosemite's Bestに選ばれるだけのことはあります。高さも美しさも内容も最高の1本と言ってもいいでしょう。どうせならもっと登れない下手くそな頃に打ち込みかったと、少し後悔してしまうほど質の高いラインでした。おススメです!

その後、タケシくんや、連れの米国人、Doraさん。Ryoskくんもトライしてたけど、完登はなし。やっぱり核心の一手が悪いみたいだった。

そうこうしてたら、ザクが【Flake Out】V7にリーチ。他にトライしてた米国人とは違うテクニックを駆使したクライミングで一人抜け出し完登!最後は高さもあるし、コケもあって精神力が問われる内容だったと思うけどさすがです!本人曰くホールドじゃりじゃりだったらしい…。
問題はトップアウトしたあと「Feel so good」とさらりと流暢な発音を聞かせていただいてイラッとしたところぐらいでしょうか?www

その後僕は【Slap Shot】V8にトライしたけど、核心のホールドが暑くてイマイチ。しばらくやったけど進展なしで終了~。

初日から結構飛ばして指皮が相当消耗してしまった。
けれども1年ぶりのヨセミテはものすごく楽しく、自分にとって価値のあるボルダリングができたのでとても幸先がよい滑り出しとなった♪

Hd

その後Camp4に帰る道すがら、夕日に染まるハーフドームをしばし眺める。昨年も見たけどやっぱりとても美しい。ああ、僕はヨセミテに帰ってきたんだとしみじみ思った。

SIN on 【No Holds Bard】

|

« The Valley days 09. day1. | トップページ | The Valley days 09. day3 »

bouldering」カテゴリの記事

Yosemite」カテゴリの記事

コメント

No Holds Bard 二撃は本当にスゴイ
カチから高い足に乗り込むムーブって苦手です
No Holds Bard と Bruce Lee
明日リベンジに行きます

投稿: タケシ | 2009.11.08 16:21

> タケシくん

あの二つは技で登る課題だと思う。タケシくんの力があればあとは技だけ。自分の身体をコントロールして登ってちゃってください!

NHB。あれはホント絶品!!!

投稿: SIN | 2009.11.08 18:02

flake outのぬけの時、タケシくんの友達のアドバイスがなければ心折れてました!
心残り底から英語が分かってよかった…と思えるほどジャリジャリしてて恐かったです…


やはり今年もハーフドーム様のお姿はうつくしゅうございましたな♪

投稿: ザク(feel so good) | 2009.11.12 12:51

> ザク(流暢発音)

【Flake Out】は米国人出し抜きでマジかっこよかったよ。あのコケコケとか、そのジャリジャリとか、僕だったら絶対ツアー初日にやらないねwww

まー何にせよよくやった!

投稿: SIN | 2009.11.12 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244589/32069024

この記事へのトラックバック一覧です: The Valley days 09. day2.:

« The Valley days 09. day1. | トップページ | The Valley days 09. day3 »