« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.13

「真夜中の稲妻とその残像」を読んだ。

本日手元に届いたfreefun 61号を通勤中に読んだ。

興味深い記事が多く素晴らしかった。特に素晴らしかったのが「真夜中の稲妻とその残像」と題された紀行文。
著者の【Midnight Lightning】に対する思いが、初登者達と当時のヨセミテを中心としたその歴史的考察とともに素晴らしい文章でつづられている。

過去から現在への僕の気持ちと、その記事に書かれている内容が見事にリンクして興奮した。

僕が【Midnight Lightning】を登ったときは24歳の全くの無知な若造で、初登者であるロン・カウク氏の顔も知らず、帰国してから某社のカタログのページをめくる時に、Camp4で度々顔を合わせていたオジサンが氏であると気付いたりしたという恥ずかしい過去をもっている。

そんなことがありつつも、ヨセミテに対する思いというのは初めてCamp4で過ごした日々から今日まで一切色あせず、むしろ強まるばかり。

言葉の拙い僕には全く上手く表現できないけど、「真夜中の稲妻とその残像」の結びの一文に、僕は共感という言葉だけでは足りないような思いを感じた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「真夜中の稲妻とその残照」より

クライミングという行為が、無機的な岩塊の上で繰り返される筋細胞の伸縮でしかなく、幾つかの数字だけがその結果を表現するものであるとしたなら、なんと虚しいことだろう。バーカーとカウクの31年を思う時、何故か、私の取るに足りない12年でさえ、それなりに意味のあるものであったと信じたくなる。宮沢賢治は自らの詩を無機的な宇宙に灯る光の明滅に例えた。ある課題を通じて、初登者達の普遍的な経験と、個人的な経験との間のわずかばかりの繋がりを確認することができたならば、チョークで描かれたライトニングボルトでさえ、私にとっては「有機交流電燈のひとつの青い照明」になっていたのかも知れない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

興味のある方は是非、freefun 61号を読んでみてもらいたい。
ああ、やっぱり「The Stonemasters」が欲しい。。。

続きを読む "「真夜中の稲妻とその残像」を読んだ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.11

ハイボールと宴。

4/10

今週末は某所山奥にでボルダリング。
メンバーはRyosk!!!くん&お敬ちゃん。

今回行くのは初めての岩で、高いぞでかいぞとRyosk!!!くんにびびらされまくりで向かう。

4508138365_6ba71ae720_b

で、でっかいじゃないか!

ともすると萎えそうな高さですが、如何せんカッコイイのでこれは登りますよー。

4508783822_943264e949_b

マントルの段階で結構な高さ。返したら濡れた葉っぱと腐った木、腐葉土のスラブを必死でトップアウト。
久々に頭の中で「キンキンキン…」と音が鳴るようなクライミングが出来て大満足!
まあ、精神的なダメージもかなりありましたけど。。。

それから近くの小ぶりな岩で怖くないクライミングを堪能。

Sany0526

Sany0508

同じスタートから3通りのパターンで登って遊びましたけど、なかなかどのムーブも面白かった!
最近は何所の岩に行ってもとても楽しいのだけど、今回は特に楽しかった気がする。
やっぱり、恐怖という刺激は適度に必要だなー。

それからRaBに戻って、新人歓迎会→昭和歌謡カラオケ会。
力の限り飲んで、そして歌い、一日をやりきった。

続きを読む "ハイボールと宴。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.09

ファットピンチ。

ホールド替えが終わった壁に、鬼門とも言える新しいホールドが付いた。

あのファットピンチはヤバい。

悪いとか辛いとかそういう問題じゃなくて…。

持てない。
全然持てない。
さっぱり持てない。

指の股が裂けそうな…。
次のホールド替え迄に少しは使えるようになるだろうか?

使えるようにする。しかないなぁ。

Sany0529

オーナーの手によりこのホールドは「どSキラー」と命名されたようです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

mabooコンペ。

4/4

三周年記念コンペってことで参戦してきました!

今回は初めて体験するチーム戦。
チーム名は『日本官能クライミング協会関東支部』。
メンバーは、婦人部長=ザク。『構成員』=Ryosk!!!くん。『広報部長』=僕。

Jkca
相変わらず、ザクはカメラを向けられると田舎の子的なポーズをとるなぁ…w

当然の如く、前夜祭ありで深夜3時過ぎまで飲んで騒いでから参戦です。

案の定二日酔い…。

一応、我々チームのエースっぽい立ち位置だった僕ですが、正直前半はボロボロでしたw

途中、1級ぐらいの課題を無理矢理一撃したくらいから力が出るようになり、そこからはそれなりに登れましたし問題はさしてないかと…(^_^;)

なんだかんだと最終的な順位は5位。ま、頑張った方でしょう!

ちなみに、チームTシャツを揃えたり、全員謎のサングラスをかけたり、『ガンバ』ならぬ謎の『可愛い!』コールをかけたり、ひたすらセーシさんいぢったり、非常に楽しいコンペでしたー♪
スタッフの皆様、選手の皆様、お疲れさま&ありがとうございました!
mabooはみんなに愛される素晴らしいジムですね!

そう言えば、コンペ参加者最強は中学生を名乗る某ドイツ人だったことを誰も忘れることはないでしょう。あの握力は有り得ないっす…!

42
今回のコンペで嵐を巻き起こした『たれさん』。僕も撮ってもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.01

ホールド替え&二年生。

今回は3/29-30の2日間で一階130度壁と二階全面のホールド替え。

初日は午後の寒さしか記憶に残らないほど寒かった。
高圧洗浄機の飛沫でびしょびしょになりながら…はこの日の気温では危険でしたね。

2日目はセット。一階は松島・岩橋コンビに任せ、二階をその他で。
なんだかんだで押してしまいとりあえずの終了が22時頃。後、スパムぼうやのお疲れ様会。

3日目。回り止め、その他片付け等を終え何とか開店。

ホールド替えスタッフ、そしていろいろお手伝い頂いた皆様、寒かったり、埃まみれになったり大変だったと思います。本当にありがとうございましたー!

うーん。も少し要領よく作業出来るようにならないと時間くってしょうがないな。
要努力ですね。


そんなこんなで、本日(4/1)は僕が転職してちょうど1年たった日だと通勤中にふと気付いたりしてましたー。
皆様今後ともヨロシクお願い致しまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »