« 「真夜中の稲妻とその残像」を読んだ。 | トップページ | クラックとボルダー。 »

2010.05.02

素晴らしい日。

5/1

Sany0558

Sany0563

GW中の貴重な休日を日帰り小川山で過ごしましょう!とDoraさん&みやーんで出発。
すると、アレな人から当日朝、間接的に瑞牆滞在を知らされ行先変更。

って訳で、瑞牆で岩登りしてきましたー。

待ち合わせの【美しき日】に居たのはご存知熊野のしんくん&新宮のよっちゃん。
君たちね…せめて1週間前、いや前日には直接連絡したまえw

そんな感じで登りはじめ。

アップで、【美しき日】の左側の初段?ライン(ビューティフルなんたら…って言ってた気がする)をトライ。
さすがのみやーんは一撃!
僕もホールディングがわかったらすぐに登れました。

で、因縁の【美しき日】。
ポケット、ポケット、リップ、リップ、マントル。なこの課題。
はっきり言ってすっげー苦手。

しんくんのイヤミなまでに完璧なリピートやムーブのご教授を受け流しつつもトライ。
…やっぱり敗退!

が、それなりに手応えも感じてフレッシュで狙ってやれば登れそう!という事が分かり収穫アリ。
勝負は1トライ目ですな…!w

もちろん、みやーんは数トライで完登!
ああ、何かすっげー生き生きしてるぞ、みやーん!

そして、本日のメイン。
【美しき日】のすぐ上にあるかっこいいカンテライン、【エレスアクベ】二段(今回初めて課題名とグレードを知りましたw)へ移動。

ラインの存在は随分前から知ってたし、みつおくんのトライ&完登動画も見たことがあったので、やってみたかった課題。

岩を前に、とりあえず全員でビビリつつトライ開始。
動画を見たことがある筈の僕&しんくんは当然「見た」ということしか覚えてなく、一からムーブを探る。

左側の沢に落ちそーとか、
「うわっ、リップたるいで」とか、
戦々恐々w

それでも下部を乗り越えて、上部に突入するよっちゃん&アレなしんくん&みやーん。
そして、勇敢なよっちゃんがスポッター全員の「行くの?行っちゃうの?」的な視線を一身に集めリップ保持!完登!!

よくやるわー!

そしてみやーんが続いて完登!やべー、つえー!

んでもって、アレなしんくんも…完登!おおおおー!

…アローンですわw
僕はというと、下部のフィジカルムーブでどはまり。上部に今だたどり着けず。
こ、これはマズイ。

筋力的にちと不足気味。ということで、目をつぶるぐらい力振り絞ったら足が上がった!
上部は問題なくラスト1手!ヨレてビビッて手が出せず!

orz

しばらくレストを挟んで、トライ。下部を越えたら今度は落ち着いて処理できたので何とかリップを掴んで完登!

…よ、よかったw

しばらく魂の抜けた身体を休息させて後、【エレスアクベ】の右側を登ってから【倶利伽羅】の岩に移動。

三本課題があるのだけど、どれが【倶利伽羅】だかは不明w
多分アプローチで正面に見えるのが【倶利伽羅】かな?

最初にアンダーからスタートする初段を片付け(僕も1発リピート成功)、次にダイナミックな1級でセッションする面々。
僕は以前登ってて非常に得意なこの課題、やったことがなかったマントルを悪い方で返すバリエーションで一撃。
リーチで苦しむしんくんと、指の故障で苦しむよっちゃんも何だかんだしっかり完登!(あ、よっちゃんはマントルで落ちてきたようなw)。宿題だったDoraさんも惜しいとこまでいってた。

最後に激痛い【倶利伽羅】と思しきラインをセッション。
これはみやーんがかなり惜しいとこまでいってたけど時間切れタイムアップ~。

い、やー。

非常にいいメンバーで、ホントに楽しいボルダリングが出来た。
正直、瑞牆はポケット主体で苦手な岩場だけど、ムチャクチャ楽しい、素晴らしい1日でしたー。
おかげで、指も足も肩も背中も腹も、体中痛いけどねw

しんくん&よっちゃん、また近いうちに遊びましょう!
Doraさん&みやーんもまた岩いこうねー♪

Sany0554
ご存知、アレなしんくん。

|

« 「真夜中の稲妻とその残像」を読んだ。 | トップページ | クラックとボルダー。 »

bouldering」カテゴリの記事

瑞牆」カテゴリの記事

コメント

大好きなしんくんよっちゃんに会えて良かったねー♪

アレなしんくんってなんだ??

投稿: おけい | 2010.05.05 21:54

> おけいちゃん

かなーり楽しかったよ♪

アレなしんくんってのは、話すと長くなる上に内容がとくにありませんwww

投稿: SIN | 2010.05.06 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244589/34483180

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしい日。:

« 「真夜中の稲妻とその残像」を読んだ。 | トップページ | クラックとボルダー。 »