« TheValleyDays2010/episode5. Warning Bear | トップページ | TheValleyDays2010/episode7. Thriller »

2010.11.14

TheValleyDays2010/episode6. Happy Halloween

episode6. Happy Halloween

10/31はハロウィン。
昨年のツアーもその日は仮装したクライマー達の姿を見て楽しんだりした。
僕はそのことをツアー前、Yuiko先生に話していたらしい。

いつものように朝食をすませ、登りに行く準備をする。
車に戻りギアをピックアップしていると、Yuiko先生からピンク色の物体を手渡された。
チシャ猫だと説明されたそれは、所謂着ぐるみの様相を呈していた。

紆余曲折を経て、Ryosk!!!くんはそのアフロに角を。Yuiko先生は蜘蛛を。そして僕はそのピンクの着ぐるみを…。

昨年と違い、クライマーで仮装をしている人はCamp4に見当たらない。
明らかに僕は浮いていた。

とりあえず、この身体にまとわりつく空気を少しでも薄めたく、abeちゃんを巻き込むことにする。
【Thriller】をトライするabeちゃんのスポットを、あくまでも真剣にする猫。
やがて耐えられなくなった?abeちゃんは、そのグダグダの空気に飲み込まれていく。

Rimg0383

移動して今度はスラブの岩で。
とうとう、見知らぬ米国人と一緒に登ることになる。
イタイなこいつ、って顔した彼らの優しい笑顔と挨拶が妙に心に刺さるなぁ。
それでも、わざわざ日本から仮装グッズを持ち込んだYuiko先生のことを思うと、せめて1本ぐらいこのカッコで登るべきなんじゃないのか?
鉄の意志で、僕はそのままスラブを登りはじめる。
V1のそのスラブはそれなりに難しく、だぶついた着ぐるみの股下がホールド隠すとかなり登りにくい。
それでも何とか完登して、義務は果たした!
そう思い、僕はようやく着ぐるみを脱いだ。

Neko

その一日も楽しく登り、夕食をカフェテラスに食べに行く事になった。
そしてYuiko先生が再度ピンク色の物体に手を伸ばす。

まさか…!

その夜、僕は再びピンクの猫となり、衆目に晒されながらの食事を楽しんだ。

Rimg0447

Yuiko先生には誰も敵わないっす…。

|

« TheValleyDays2010/episode5. Warning Bear | トップページ | TheValleyDays2010/episode7. Thriller »

bouldering」カテゴリの記事

Yosemite」カテゴリの記事

コメント

最後の写真がシュールすぎ!!ww
今週末は天気が最高だったのでクライマーが多くいて。
その週末も天気が崩れなかったら仮装クライマーたちで浮かなくてすんだのに・・・
いやーでもおいしいっすよ逆にw

投稿: あき | 2010.11.14 13:51

おいしーとか、そういうレベルを越えてしまってるような気もするw
面白かったけどね!

投稿: SIN | 2010.11.14 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244589/37648050

この記事へのトラックバック一覧です: TheValleyDays2010/episode6. Happy Halloween:

« TheValleyDays2010/episode5. Warning Bear | トップページ | TheValleyDays2010/episode7. Thriller »