bouldering

2015.12.18

チッピングについて。

チッピングについて。

岩の形状を意図的に変化させる行為。
これにより難易度を変化させたり、あるいはルート・課題そのものを消滅させる行為。
チッピングにより生まれたホールドは文字通り人工ホールドと言えるでしょう。

最近、チッピング疑惑が話題に上ることが非常に多くなっています。
内容は、既存の高難度ボルダリング課題がグレードダウンされる形でチッピングされているのではないか、というものです。
既存ルート・課題のチッピングがフリークライミング・ボルダリングにおいてどういう行為であるかを改めて僕なりに考えてみたいと思います。
もし、チッピングって何?という方がいましたら、長文で申し訳ないのですがご一読いただければと思います。

---------------------
フリークライミング・ボルダリングの定義は登攀における前進手段として自らの肉体のみを使用することです(クライミングシューズやチョークは現代ではほぼ容認されています)。
ボルト設置、ロープの使用、クラッシュパッドの使用、プロテクションの類は前進手段ではなく、あくまで墜落時の安全確保のためです。

【スポーツとしてのルール違反】
例えばグレードダウンを狙ってチッピングを行い、登ったとしてもそれは前進手段としてホールドを変化させているので、先に述べたフリークライミング・ボルダリングの定義に反する行為ではないでしょうか。
それはルール違反と言うべきもので、記録として認められるものではないでしょう。
少なくとも僕は認めません。

【クライミング文化の破壊】
既存ルート・課題は、当たり前ですが開拓者、初登者が存在します。
岩を見つけ、掃除や整備を行い、自然が生み出した形状の中にラインの可能性を見出し、登ったのです。
既存ルート・課題は開拓者や初登者の思い、労力の結晶であり、一種の作品、文化でもあります。
そして更に再登者達の思いも重なり、その歴史そのものが既存ルート・課題の魅力にもなります。
それを意図的に変化させてしまうチッピングは、開拓者、初登者、再登者に対しこれ以上ないほど侮辱的な行為であり、そしてこれからトライするであろう人達から、その文化の共有体験を永久に強奪する行為です。
僕は、何よりもこの文化の破壊行動こそがチッピングの許されない部分だと思っています。

チッピングが愉快犯的な意図で行われるのか、チッピングした本人が登りやすくするために行われるのかはわかりませんが、何れにせよ、フリークライミングのスポーツ面、文化面のどちらも侮辱する卑劣な行為に他なりません。

人意的な変化ではなく、自然環境によるホールドの変化や、トライされることによるホールドの変化は多かれ少なかれ、早かれ遅かれどんな岩にも起こり得ることです。
それは自然物を登攀対象にしている以上、仕方のないことだし、ときにはその変化が既存ルート・課題にさらに魅力を与える場合もあります。
しかし、チッピングされた既存ルート・課題は二度と元に戻すことはできません。
自然物の中に見出された可能性は、誰かのエゴにまみれた人工物になり変わります。

もし自分の初登課題がチッピングされることがあったら…と想像するとチッピングされたそれを自分が名付けた課題名で呼んで欲しくありません。
それはもう僕の課題ではないのですから。
チッピングされたと聞いて「課題を消滅させてしまいたい」と思ってしまう初登者の心情は察して余りあります。

僕がフリークライミングを始めて15年ほど経ちました。
まだまだ未熟ですし、浅い経験でしかありません。
たかが15年程度のキャリアで何がわかる、と諸先輩方には叱られてしまうかも知れませんが、僕が始めた頃と比べクライミングジムは増え、岩場には人が溢れています。
それだけクライミングが認知され、クライミングというスポーツに親しむ人が増えたことは、素直に喜ばしい事だと思います。
しかし、人が増えた事により文化としてのクライミングの濃度は薄まりつつある様な気もします。
もしかしたら、ここ最近のチッピングと疑われている騒ぎも、この文化の薄まりから出ているものなのかも知れません。

今思えば僕は、先輩達に恵まれクライミングの文化面について見聞きする事や、学ぶ機会が多かった様に感じます。
もしかしたらそれは、今よりクライミングがマイナーだったから、人と人の距離が近く自然とそうできたのかも知れません。
昔はよかった!と嘆くことは簡単ですが、それだけではクライミングの文化はそれこそ廃れてしまうのではないでしょうか。
先輩から受け取ったものを、できることならより豊潤な文化として次の世代に伝えられる様、僕は努めていきたい。

願わくば、クライミングを愛する全ての人に、素晴らしいクライミングライフを。

----------------

長文、拙文にお付き合い頂きありがとうございます。
上記はあくまで僕の個人的な見解です。
人一人でできることなんて、たかが知れてると思います。
でも、クライミング文化のはじっこに携わっている身として。
そして先輩達からクライミング文化を学んだ身として。
チッピングしている人が存在するのだとしたら、その人自身の為にも、二度とその様な行為を行わせない様、また新たにチッピングを行なう人が現れない様に、少しでも抑止力になればと願い、僕の考えを表してみました。
様々なご指摘、ご批判もあるかとも思います。
むしろ、その様な多様性こそ文化を豊かにしていくものだと思います。
何かご意見ございましたら、コメント、DMあるいは口頭でも結構です、僕に直接お伝えください。
可能な限りではありますが、向き合いたいと思います。

未熟者ではありますが、今後とも宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.11

初登記録②

当ブログでは書いてませんでしたが、ちょうど一年前の1月3日にトライを開始したプロジェクトが登れました。都合3日目当日3便目。


初日
2014/1/3
井上さんから岩発見の報告を受け、いそいそと向かった先に素晴らしいルーフを備えた岩!
上部は氷柱が垂れていて大した掃除道具も持たなかったのでスタートから中間部までのムーブ確立。ルーフの中のムーブが僕にとってはできないムーブじゃないんだけど、非常に疲れる内容だった。

二日目
2014/5/19
大雪の影響でずいぶん時間が経ってしまった。
山は新緑がとても綺麗でした。
ルーフ内の核心ムーブをさらに煮詰め、トップアウトを狙うも、上部ホールドの欠損などありヨレて登りきれず。うーん。

三日目
2015/1/3
やたら忙しかったりしてちょうど一年経っちゃった。
初めてロープを垂らし抜け口付近の掃除。邪魔な腐った木を取り除いたり、凍りついた腐葉土を叩き割ったりして何とかトップアウトできる状態にする。…普通、掃除って初日にやるよねと思ったりして。
掃除後、下部核心のムーブチェック。前回の印象と比べると負荷が軽くなってるように感じられた。慣れたのか成長したのか?
つなげトライの1便目、2便目は寒さと岩の冷たさで指が悴みダメ。
3便目。あまりの寒さに井上さんとフォト山さんが辛そうなので、妙なプレッシャーを感じつつトライ。
下部核心を安定してこなし、中間部ですごく指が悴んだものの、必死のパッチで完登できた。
ルーフ内のブラインドホールドへのヒールフック、続くテクニカルなヒールフックが印象的な課題でした。
登れると意外とあっさり。二日目のトライ中はもしかしたら三段かな?と思ってたけどどうだろうか?
再登してくれる早船さんとサトルの意見を参考にグレーディングしよっと。→2人がトライした結果、より易しいシークエンスが見つかり、初〜二段ぐらいとのこと。











課題名は「ひこうき雲」。

この日、陽の当たらない谷底から見上げた真っ青な空に白い飛行機雲が光っていてとても美しく感じました。

いつもの様に岩を見つけては教えてくれて、当日も付き合ってくれた井上さん。
この岩で登るとき毎回写真を撮ってくれたフォト山さん(当ブログのひこうき雲の写真はすべてフォト山さん撮影です)。
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.11

久々の三重ボルダリング

仕事にかこつけて、親愛なるセッションフレンド・熊野のシンくんに会いに行ってきました。

シンくんの実家にお泊りさせてもらって、夜中までビールを酌み交わし、朝はシンくんの奥様のちぃちゃんの朝ごはんをシンくんの子どもらと一緒に頂き、そしてそのまま、シンくんファミリー皆で久々の銚子川。

これまた久々の芝もっちゃん、アキラさん、前さん、三重の若手ホープのケイタくん、そして名前を失念してしまったメガネの彼と、そして各家庭の子どもたち。

なんだろうなー。
このピースフルな感じ。

今年3回目の岩は前回の雨の耶馬渓に引き続き最高でした。
本当に好きなとこですね。

成果はアップのスラブ4本と【浦霞】初段1本、【時の回廊】三段敗退、3級くらいのアキラさんFAハング1本、アキラさんFAハング1級くらいの1本2撃、かな?


美しい清流。
楽しい岩。
子どもたちの笑顔。
大人たちの笑顔。




【浦霞】初段
http://youtu.be/sb0yAZ9nm1Q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.16

都内某所。

9/8

昼からイノさん、村田さんと、都内某所へ。
今まで行ったことがない初岩!

約30分程度のアプローチ(渡渉含む)をこなし、通称「姉妹」の岩へ。

Kyoudai
でっか!

うんでまー、でっかくて、クラックやポケットからは染み出してて、それがまた面白くて、ムッチャクチャ楽しかった!久々にジャミングしたしw

Imoutok

こっちの岩は上部がコケコケ&ホールド見えずで、マントル返せなかったけど、次回は掃除してトライしたいなー。下部から内容があって非常に楽しいラインでした。
次回がほんと楽しみだ♪

Dozaesing

最後はしっかりアイシング。 ドザエモンではない。

この後、i-wallで軽く飲んで、Ryosk!!!君宅にお泊りして飲んで、翌日ベーキャンでボロボロになるまでセッションして死ぬかと思ったりして、最高の週末だったw

9/15

そして昨日は、ノブさん、村田さんと、[レインマン]の岩へ。
こちらも初の岩だったんだけど、アプローチ途中の[己]を見学して、高さにビビりつつ15分ほどで到着。

P9154624_2

[レインマン]の岩も高さはそれなりだし、結構かぶってる!
面白そ~!!!

下地の整備をしてからトライ開始。一手一手がパワフルで大きく、とても面白くて、解明してくのが楽しかった!
ラストの左手の一手が以外に悪くて、コントロールしながら少しづつ手を出してポジションやら探り探り(こういうあたりがビビりw ま、おかげで怪我したことありませんwww)。

という感じで、コントロールした状態でリップを止めて、無事トップアウト!むちゃくちゃ楽しい課題でした。☆☆☆☆ですな!
リップがちょっと濡れてたのが怖かったけどwww

その後は、渡渉して対岸にある[奥様(オクタマ)は魔女]で遊ばせていただく。
いい歳こいたオッサン達が奥様(オクタマ)に群がる姿はなんとも言えず心和む光景でございましたw
既成ラインの[奥様(オクタマ)は魔女]の左に新規?ラインを見出してこれもなんとか登れてこれまた楽しい課題♪

そんなこんなでこの日も日暮れまでしっかり遊んで終了!
やっぱり、岩は最高に楽しい。岩だわー、やっぱりw

↓[レインマン]動画

続きを読む "都内某所。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.24

御嶽。

4/21

前日の雨の影響が気になりつつも御嶽へ。

天気はどんよりだけど、岩のコンディションそのものは全く問題なし!
ソフトクリーム岩でアップしようとシューズを履いて、5級ぐらいの課題を登ったら、なぜか右広背筋に結構強烈な痛み発生…。
なんじゃこりゃ?ちょっと動かすだけでも痛みが出るのが気になるけど、体が暖まれば問題ないかな?とキネシオテープ貼って様子見。

とりあえず、宿題の【私の家】に向かう。
スラブのパートでも練習してれば体も暖まるでしょ、っと思って改めてムーブ作り。
前回作った上回りのスラブムーブはちょっと確率が悪そうだったので、再度下回りのムーブを作ったらしっくり来た。こちらを採用。
そうこうしてるうちに背中の痛みもあまり気にならなくなってきたので、スタートからやってみる。

ほとんど体が真横になるスタート体勢から1手目を保持した瞬間、あれ?って感じ。
こんなに持ちよかったっけ?続くピンチもなんかよく効くなーって思ってたら、強傾斜パートをクリアしてスラブへ突入。いきなりすぎてなんの覚悟もしてなかったしw
腰チョークつけときゃよかった!とか思いながらチョークの無くなった指先乾かしながらシェイク入れつつ、何とか完登。
スラブのシーケンスで予定してたムーブがこなせなくて、ぶっつけになってかなり焦った!

最初から最後までムーブがあってかなり面白い課題だった。
正直、やり始める前は食わず嫌いで敬遠してたけど、こんなんだったらもっと早くトライしとけばよかったなー。良い課題でございました。二段にしては辛い気もするけど、登れると二段な気もするかな?

あと、正確なスタート位置がよくわからなかったので、とりあえずスタートできそうな一番低い位置からやってみました。強傾斜部分のライン取りも、小山田氏のブログに載ってた写真のラインは今の僕には全然無理っぽかったので、僕にもできそうなライン取りで。だから【私の家】っぽい課題。

そのあとはピンチオーバーハングの岩と丸こんにゃく岩で遊んで終了。
意外と肌寒いくらいでちょうど良い感じだったんで、御嶽ももうしばらく楽しめそうかなー?

続きを読む "御嶽。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.20

川井ボルダー3 & more

3/20

先週の日曜にちょっと様子見に来たらビチョビチョだったので、本日出直し。

さらさらーっと、何本かアップしてみるも、鼻炎薬のせいか頭がボーっとするのがとれず、シャッキリしない。【ベッケンバウアー】やったら少しマシになるかな?とトライしてみても変わらず。

うーん。

無理矢理起こすしかないかな、とアップもいまいちながら【コダマ】にトライしてみることに。
ベッケンパートを越えて、かちくんパートに入るちっちゃいクロスも危なっかしくこなし、最大の難所、がすとんさんパート。アップ不足?いやそれ以上にクライミング不足かw、稀に見るミシンの踏み様www
気合いを入れて誤魔化しつつ、無理矢理感満載で完登。

>

いやー。

まさか一便目で完登できると思ってなかったから思いの外、無様な登りだったな。
とは言え、おかげで短時間で済んだので、御嶽へハシゴ。
先週、ちょみっとお触りした【私の家】をもうちょっとやってみよう、と思ったのです。

すると、以前も御嶽でお会いした方達とご一緒させて頂くことに。
マットも使わせて頂き、ありがたや、ありがたや。

んでトライ。
相変わらず、スタートからカンテまでずっと悪いw
しばらくやってるうちに、とりあえずムーブはばらせたんで、次回以降かな?
しっかし、指痛いなコレ。

そうこうしてると、久々の関さん登場。
なんでもネクロ登ってきたそうで。そんでちょーエゴも登ってきたそうで。
相変わらず強いなー。
関さんはちょろっと【私の家】を触ってから【魅惑の丸こんにゃく】に移動するそうなのでお供させてもらうことに。

移動。

静かでいいなー、この岩。
でもちょっと今日は登れる気がしませんな、〇こん。
1級バージョンだけ登って僕は〆。
関さんは流石にばっちり完登してました。お強い。

そんなこんなで5時過ぎまでしっかり遊んで撤収。
成果もあって、久々の人にも会えて、御嶽で宿題も増えてw、帰宅すると娘っこは満面の笑顔で迎えてくれてwwwいい1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.21

川井ボルダー2

2/19

結局前回から2週間ぶりにクライミングの許可がおりたので、川井へ。
やっぱし、【コダマ】が気になります。
なぜ過去に登った【かずとんさん】のパートが解決しないのか?
謎をさぐりに再び川井へ。。。

適当にアップをすませて、懸念の【コダマ】。

Theshinstreach_3
  photo by Eddie Gianelloni.

やっぱり、【がすとんさん】のパートでスタック。
ガストンに入ってからの右足が上がらない→右手が解除できないって流れ。
おかしい。
そのパートは昔、苦労した記憶さえないのに。。。

謎は謎のまま、トライを重ね、なんとか次回につながる光明を見出したところで指の限界。

クールダウンにハイボールスラブ×2、ランジ×1、アンダーからの課題×1とやって日暮れ終了。

しかし、傾斜がないおかげで、今のフィジカルでも遊ばせてもらえる貴重な岩だな川井。
ありがたやありがたや。

あ、写真はたまたま居合わせたEddieが撮ってくれたもの。
折角なので、貼らせていただきます。

また、彼のWebサイトの写真はとてもカッコよいので、一見の価値ありですよ。

LIFE ON THE MOVE

↓は僕の写真を掲載している記事。
Sometimes Tight is Good

次はいつになるか分からないけど、登りたいなー【コダマ】!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.28

クリスマス御嶽。

12/25

嫁様からクリスマスプレゼント的な感じで御嶽入り。

本日のリピートツアーは溶けたソフトクリームから。
トラバースの初段でアップ(ホールドとか足位置とかわからなくてすんげーパンプ)。

それからうん年ぶりのロッキーボルダ―へ移動。

うへー。
こんなに平らな岩だったっけ?w

何か久々に見たらすごく平らに見えてちょっと引き気味www

コーヒー飲んだりしてちょっと気持ちを落ち着けてから、マイフェイバリット御嶽初段【エゴイスト】のリピートトライ。

久々に出だしのダイナミックムーブをこなした瞬間、頭の中を風が抜けた様な気分になった。
続くデッドポイント、最後の緊張する1手もキッチリこなせて無事1回でリピート成功。

本当に良い課題だとつくづく思う。これぞボルダリング、というか。

続いて【遼】。
昔は落ちる気がしないぐらい得意な課題だったけど、久々にやってみるとムズイw
数トライ掛けて保持するイメージを思い出して完登。登れた時にけっこう無理矢理感があったので、もう一回登っといた。

勢いで【in Tokyo!】もやってみたらなんと1トライで指皮が。。。

しょんぼり忍者岩へ移動してみると、ドイチェさん、ノリノリさん、F皮くん、Ryosk!!!くんとおなじみ?のメンバーがいてホッコリ。

色々な会話とムーブで楽しめました。
あ、【虫】は今でもリップまでは行けることも分かったし、【クライマー返し】のナックルジャムは全然できないことも分かましたw

弱いながらも楽しい岩。
強くなりたい、憧れの岩を登りたいと、思えることが宝だなと思いつつ、娘っこをお風呂に入れて満足な日曜日でした。

Haru44_011

やっぱり写真ないし・・・当日朝の娘っこ写真UP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.18

御嶽。

12/17

最近交渉技術が向上したのか、まさかの御嶽入り成功♪

何年かぶりのデッドエンド岩からスタート。
【デッドエンド】1級を一回でリピート。
【イギリス人のトラバース】2級に結構打ち込みリピート。
【勅使河原美伽の半生】初段を2回でリピート。
【デッドエンド左】初段を一回でリピート。

イギリス人のトラバース、めっちゃ難しかった。

けっこうヨレたけど、溶けたソフトクリーム岩へ。
【水際カンテ】二段?を3〜4回でリピート。何か下地があがって簡単になってる感じ。
昔はスタートして一手目取れたらあとは簡単って感じだったけど、今はむしろ二手目以降の方が悪い感じ。
マットあったら初段くらいなのかな?
ま、何にせよ登れて良かった。

何だかんだグダグダして日暮れ寸前に鵜の瀬で【鵜SD】。
完全にお尻をついた状態からでも、一手目は簡単。問題は次の遠い一手。今日も数トライで痛みに負け、弱さに負け完登できず。
グレードにはあまりこだわりないけど、初段でこんなにハマるの初めてだな〜。弱くなってるのを差し引いても難しい!
しかし、数トライで指皮が馬鹿になっちゃうから、フレッシュでトライする気になれないんだよな…また今度やろう。

痛がってるうちに日が暮れて終了。

今日は何年かぶりで岩友にも会えたし、娘っこ誉められてむちゃくちゃ嬉しかった♪

次はいつかなー。
奇跡が起きれば、来週…いやいや、恐れ多い。。。

Haru38_033
岩の写真撮り忘れたんで、娘っこ近影でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.04

御嶽。

12/4

明日で娘っこも5ヶ月突入って感じなのですが、嫁様五段と交渉成立しまして、昼入りで御嶽ってきました。

Sany0002_4
ちょっと盛りは過ぎたようですが、それでも綺麗でした。

予定では上流(デッドエンド)から下ってくるつもりでしたが、あたりのしけり具合から判断して、10年ぶりぐらいにピンチオーバーハングの岩へ。
先客はエナジー柏で登ってるというとても素敵な方たちでした。

この岩、10年前に【ピンチオーバーハング】を登って以来まともに来てないんじゃないかな?

着いて早々、寒いんでアップもなしに【ファットブロッカー】をやってみる。
危うくムーブの迷い道にはまりそうになりながらも、4~5回で登れました。御嶽で初段の課題を新規で登るってとても新鮮!
続いて、もちょっと手数の多い、【ファットアタッカー】も初めてやってみる。
ううう・・・今の僕には手数が多すぎる(T_T)
ひいひい言いながら、ムーブ決めたら高速処理連発でギリギリ完登。
スタミナ的には限界近かったw

最後に【ピンチオーバーハング】のリピート。
これがまー。
全然w
狙いを外す外す。
けっこう飛んだ挙句、「お前そこ動くな!」って言って飛んだら止まりましたw
リピートが一番トライ数が多いってw

あっさりヨレヨレになったところで、鵜の瀬へ移動。
【鵜】SDをやってみる。

うひぃー!激痛いっ

完全SDから一手目は止まるけど、激痛。そしてそのあとが手詰まり。ムーブ違うのかな?
濡れた部分を避けて使ってるからなのだろうか?
どちらにせよ、敗退!スタンドアップの【鵜】を登ってお茶を濁し、【マルガリ】へ。

あ、あかん、手首イキそうw

あっさり敗退。
夕闇迫る中、最後は忍者返しの岩へ。もうヘロヘロ。

薄暗い中、【子供返し】をリピート(1回で登れてよかった…)して、激痛の中、【虫】を触って寄せ止めて痛くて離して、【蟹】やって降りるムーブこなして息が上がって、前腕の中の小人さんがみんな出て行って留守番の猫だけになって真っ暗で終了。
むっちゃ面白かったー♪

できればもうちょっといっぱい色々な課題をやりたかったけど、最初で手間取ったんでしかたない感じ。
でも改めて考えてみれば、ローカル気取ってる御嶽でもやってない課題、登れてない課題はいっぱいあるし、これからしばらく楽しみな感じ!なんというか10年前ぐらいに戻った新鮮さ。次行けるのがいつになるかはわからないけど、次が楽しみだ♪

最後に井上商店でビール飲んでちょっと気になる話を耳にして終了。

Sany0003

とても素敵な気持ちでこの見慣れたトンネルを歩けたのがうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧