小川山

2011.11.30

岩。

先日の勤労感謝の日、日ごろ感謝されてるのかは不明ながら、嫁様5段から奇跡の「遊びに行ってもいいよ、ただし遥をお風呂に入れるまでに帰ってきてね」というお言葉をいただき、さらにさらにカズミちゃんやRyoskくんの篤いご恩情を賜り、小川山7時入り→16時上がりを敢行いたしました。

Rimg0002_5

大きく発達した霜柱を踏んでのアプローチ。
成果なんて特にないけど、本当に楽しくて楽しくてたまらない一日だった。
パリパリに冷たく乾いた花崗岩の岩肌は岩登りの楽しさを再認識させてくれるには十分だった。
そしてこの日の感想のメインは「ありとあらゆる形状のホールドがすべて痛い」でした。そっかー、登ってないとそういうとこ来ちゃうんだー。
そんな訳で、相変わらず登る時間は思ったようには確保できないんだけど、それでもクライミングを楽しむことはできるんで、しつこくやってこうと思います。

話は変わって、最近twitter上で問題となった御嶽での件。

人の振り見て我が振り治せってことで今後の自分自身とクライミングとの関わり方を再度考える機会になりました
僕も含めて皆さんが感じた怒りや悲しみ、疑問はとても正しいと思います。
そして、怒りや悲しみ、疑問をそのままにしていてはいけないんじゃないかとも思っています。
クライミングに関係する、メーカー、代理店、販売店、情報媒体、特にジム、そして何よりも僕たちクライマーが、それらのモラル、マナーを知らない守れない人に、知ってもらえる、解ってもらえる形で伝えていかなきゃいけないんじゃないかと思っています。
怒りをただぶつけるのではなく、その怒りを有効な手段を考える力に変えていく必要があるんじゃないかな…と。

よく最近のクライマーは…なんて言葉を耳にしますが、そんなに昔のクライマーは皆完璧で偉かったのか?とも思います(もちろん素晴らしいクライマーが大勢います)。ちなみに僕は完璧で立派なクライマーではありません。それでもまあ何とか太陽の下でクライミングができるくらいの責任と義務は果たしているつもりです(怪しいところですが・・・)。
それは僕が接してきた先輩クライマーがその行動や言葉で教えてくれたからだったんじゃないかと思います。

仮に、最近のクライマーに問題があるとするならば、彼らに文化を伝えられなかった僕達の責任でもあるのではないでしょうか。

僕個人が接する機会があるクライマーにはもちろん伝えていきたいし、特にクライミングの窓口となる機会が現時点で最も多いと思われるクライミングジムで勤務するクライマーには留意してほしいと願っています。

クライミングという文化を作り、伝えていくのはやっぱりクライマーなんだと僕は思っています。

自分で書いてて、えらそーだなーコイツって思っちゃうなこの文章。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.16

右膝崩壊祭 in 小川山。

5/15

遅刻メンバーも加えのんびり出発で小川山。

今日のメンバーは毎度おなじみRyosk!!!くんと、初めてご一緒のゆいちゃん、僕の3人。

特に渋滞もなくスムーズに廻り目平着。
まずは、小川山が初めてっていうか、岩が4~5回目というゆいちゃんの様子見を兼ね石楠花エリアへ。

忘却岩のあたりに陣取り、いつものようにのんびり登り始めます。

まずは忘却岩の左端のライン(2級?)でアップ。
これが結構悪くて僕以外全員敗退。

つづいて、Ryosk!!!くん&ゆいちゃんは【忘却の河】。
僕はどーしよっかなーって思ってたら、F皮さん登場!

なんでも【幻の光】をやるとのことなので、ご一緒させてもらうことに。
考えてみりゃこの課題、そんなに興味がなくて今までちゃんとやったことなかったもんなー。せっかくなんでセッションセッション。
ムーブを教えてもらったり、自分で作ったり、下ネタったりしてるウチにあっさりラストムーブ到達。
ガッツリ右足ヒールフックをかけて這い上がろうとしたら…

ばきばきびりりーん。

右膝から崩壊音発生。
それでも我慢してムーブ起こそうとしたら…

ぱきぱきびびびーん。

あ、こりゃあかん。膝から下が痺れた…。
ってことで降りちゃいました。

あああああ、三段1day行けそーだったのになー。残念。
という訳で、しばらく右ヒールは使用禁止です。最低1ヶ月かなぁ?

立ったり歩いたりは若干しんどいものの、ヒールしなけりゃとりあえず登れそう。
すると【忘却の果て】のSDが二段くらいだそうなんでやってみる。

しばらくスタートのムーブをいじってたらスルスルっと初手、2手と進んでそのまま上部の【忘却の果て】へ。
大分前に登ったことはあったけど、いきなりで何の心の準備もできてなかったんで、結局全部現場処理。なんとか落ちずに済みました。

タイプが合ってただけかもしれないけど、二段にしては登りやすい課題かなー。

この間、Ryosk!!!くん&ゆいちゃんは【忘却の河】でセッションしたり、お昼寝したりしてたわけですが、なんとゆいちゃんはほぼ全ムーブ解決!つよっ…!

そんな感じで、お次はRyosk!!!くんのお題【The Two Monks】をやりにビクターへ。
すると登って喋れる国際ルートセッター発見!やはり【The Two Monks】をトライ中だとのこと。

まずはゆいちゃんの【コンケーブ】トライ。
…なんとまぁアッサリ一撃!皆がハマリやすいマントルパートも若干戸惑いながらキッチリ安定して返してました。恐るべし。

んでRyosk!!!くん。
自身で作り上げたオリジナルムーブで【TTM】に打ち込むものの微妙なところでキツそう。
試しに僕も一緒にムーブを探ってみたら、ちょっといいムーブが見つかったんでまだそのムーブも可能性はありそうですな!

【コンケーブ】が終ったゆいちゃんは【三日月ハング】へ。なんとなくいい感触が掴めたところでラストトライ。

Sany0579

つるっ!ゴチ。

…あ、も1回ね?

つるるっ!ゴッチン。

膝強打悶絶。
よかった、可愛気のある子でwww

僕は【三日月ハング】をスタティッククロスムーブで再登したり、【TTM】をまたリップまでリピートしたりして、【Rampage】を触る元気はなし。

そんな感じで撤収。双葉でカレー食べて帰宅。

膝崩壊は残念だったけど、ゆいちゃんも楽しめたみたいだしまあまあよかった。一応成果らしきものも有りましたし。
次あたりはRyosk!!!くんの【TTM】の完登が見たいところw

皆様、ありがとうございました~。

そういや、帰りにゲート近くで野生のヤマネを見た。

Yamane
こんなの。

アレは小動物好きにはたまらないんじゃないだろうか?
はっきり言って物凄く可愛い。軽くどんくさいところがツボる。。。

Sany0577
こちらはビクターで見かけた野生の国際ルートセッター。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.09

クラックとボルダー。

5/8

Sany0569

いーづかくん&Ryosk!!!くん&SINってメンバーでどれぐらいぶり?の小川山へ。

今回の目的は…クラック体験!
やっぱり、ロッククライマーの端くれ面するんなら、クラックもやってみんとねーと思い、クラックの師匠として、いーづかくんを頼りに割目へGO!

前日の雨の影響を懸念してか、予想に反して廻り目平はガラガラ。こりゃ快適!

ギアを準備して、目指すは親指岩。
んで、今日のお題は【小川山レイバック】5.9

師匠いーづかくんの模範リードを見学ののち、TRにてトライさせていただきました。

とりあえず、ステミングとレイバックを封印して、手足ともにジャミング。
んんん…イマイチハンドジャムが決まった感じが弱い。…フットジャム死ぬほど痛い。
などなど非常に難しい!
が、なんとかノーテンで上まで抜けれました。

休憩の後、さっきのトライから情報を消化整理して、もう一度。

ハンドもフットも両方ジャムを決める感覚を理解しつつあるようで、パンプも1トライ目よりかなり軽くなったし、スムーズに上まで抜けれた。

フェイスムーブとは少し違う身体の使い方だけど、これはこれでかなり面白い。
次回はリードでのトライもしてみたいけど、カムって怖いなぁw

裏にあった【クレイジージャム】を少し見学したけど、これ登りたいなぁと思えるカッコよさだった。夏はクラックか?

Sany0570
奮闘中のRyosk!!!くん

クラック体験終了後はビクターにてボルダリング。

Ryosk!!!くんの【The Two Monks】と、いーづかくんの【モファットトラバース】を見学しつつ、僕は【逆モファットトラバース】。
核心で足が上手く決まらずハマリかけたけど、柔かいシューズ履いたらアッサリ登れた。

それから【コンケーブ】のワンハンド限定ダイノ。
最初はデッドポイントかと思ったけど、どうやらしっかりランジしないと届かないみたい。という事で、しっかり飛んだら止まった。

そんで【The Two Monks】をリップまでリピート。

最後に【Rampage】のラインをしばらく見てたら何となくムーブが見えてきたので、少しだけおさわり。

こ、これ面白い!
が、あっさり指皮崩壊で終了。

この一日で今後の小川山での方向性が見えてきました。
クラックもボルダーも物凄く楽しい。
問題は通えるか…だなぁw



いーづかくんご指導ありがとうございました!&Ryosk!!!くん運転ありがとねー!
また行きましょう♪

そういや、【エイハブ船長】をトライしてるトミーを見かけたけど…。結果は本人に訊いてみてくださいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)