SSK

2011.11.30

岩。

先日の勤労感謝の日、日ごろ感謝されてるのかは不明ながら、嫁様5段から奇跡の「遊びに行ってもいいよ、ただし遥をお風呂に入れるまでに帰ってきてね」というお言葉をいただき、さらにさらにカズミちゃんやRyoskくんの篤いご恩情を賜り、小川山7時入り→16時上がりを敢行いたしました。

Rimg0002_5

大きく発達した霜柱を踏んでのアプローチ。
成果なんて特にないけど、本当に楽しくて楽しくてたまらない一日だった。
パリパリに冷たく乾いた花崗岩の岩肌は岩登りの楽しさを再認識させてくれるには十分だった。
そしてこの日の感想のメインは「ありとあらゆる形状のホールドがすべて痛い」でした。そっかー、登ってないとそういうとこ来ちゃうんだー。
そんな訳で、相変わらず登る時間は思ったようには確保できないんだけど、それでもクライミングを楽しむことはできるんで、しつこくやってこうと思います。

話は変わって、最近twitter上で問題となった御嶽での件。

人の振り見て我が振り治せってことで今後の自分自身とクライミングとの関わり方を再度考える機会になりました
僕も含めて皆さんが感じた怒りや悲しみ、疑問はとても正しいと思います。
そして、怒りや悲しみ、疑問をそのままにしていてはいけないんじゃないかとも思っています。
クライミングに関係する、メーカー、代理店、販売店、情報媒体、特にジム、そして何よりも僕たちクライマーが、それらのモラル、マナーを知らない守れない人に、知ってもらえる、解ってもらえる形で伝えていかなきゃいけないんじゃないかと思っています。
怒りをただぶつけるのではなく、その怒りを有効な手段を考える力に変えていく必要があるんじゃないかな…と。

よく最近のクライマーは…なんて言葉を耳にしますが、そんなに昔のクライマーは皆完璧で偉かったのか?とも思います(もちろん素晴らしいクライマーが大勢います)。ちなみに僕は完璧で立派なクライマーではありません。それでもまあ何とか太陽の下でクライミングができるくらいの責任と義務は果たしているつもりです(怪しいところですが・・・)。
それは僕が接してきた先輩クライマーがその行動や言葉で教えてくれたからだったんじゃないかと思います。

仮に、最近のクライマーに問題があるとするならば、彼らに文化を伝えられなかった僕達の責任でもあるのではないでしょうか。

僕個人が接する機会があるクライマーにはもちろん伝えていきたいし、特にクライミングの窓口となる機会が現時点で最も多いと思われるクライミングジムで勤務するクライマーには留意してほしいと願っています。

クライミングという文化を作り、伝えていくのはやっぱりクライマーなんだと僕は思っています。

自分で書いてて、えらそーだなーコイツって思っちゃうなこの文章。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.28

山梨県某所。

3/27

本日は山梨県某所のボルダー。

Sany0469

メンバーはRyosk!!!くん、ザク、僕の3人。
森のなかでお日様を浴びながら快適快適。

さて、前回手を着けて未登だったランジの三段をトライしようとしたら…先日の雨の影響か、小川と表現していいような流れができており断念。

とりあえず、2人にハング二段のスタンドアップ1級を紹介して、これをやってもらう感じ。
2人とも初手の遠さに面食らっていたものの、遠いと萌えるRyosk!!!くんがなんとか初手を止めてそのままリップへ…イけずw

Sany0470_2
途中モジモジして怒張してしまったようです。それ以降初手止まらず。次回ですねー。

Sany0468
ザクさんは…正対で遠いムーブに上手く対応できなかった様子。

という訳で河岸を変えてカッコいいスラブへ。
凹角カンテのスラブなので、そんなに難しくないだろーと思ってたら激ハマり。
使えるホールド…というか結晶とムーブの発見に相当量の指皮を捧げる事と相成りました。

Sany0480

ちなみにこの間、Ryosk!!!くんはお昼寝w

親愛なるRyosk!!!くんのイビキをBGMに、最後まで気の抜けないムーブとホールドの連続をこなして何とか完登。これは最近登ったスラブではピカイチで面白かった!

こちらはザクさんも惜しいとこまでイってましたね。次回ですかねー。

Ryosk!!!くんも起きだして、最後に隣の岩の左側直上ラインにトライ。

…し、死ぬほどスタートホールドが痛いorz
幸いすぐにムーブが見つかり、こんな痛いホールド何度も持ちたくないの一心で初手のデッドポイントを決めてそのまま完登。
デッドを止めるためじゃなくて、痛みをこらえるために叫び声が出ました…。

最後にクールダウンして陽があるうちに下山。

〆はRyosk!!!くんお薦めのつけめん。美味美味。
久々の花崗岩で擦った膝も削れた指皮も指肉もヒリヒリとしてますが、満足度の高い1日となりました。

リフレッシュしたところで、月火はホールド替えだー。

続きを読む "山梨県某所。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.29

お初エリアはFun!Fun!Fun!!!

1/29

今週の平日ボルダリングは山梨県某所。
メンバー、O西くん、ヤナケンさん、ナカジくん、カドヤン、ガラの6人!初対面も多くてこれまた楽し。

さて、某所エリアはお初の花崗岩。

Sany0406
スラブのホールドをまさぐるカドヤン

まずは川原のボルダーでアップ…もスラブがムズい!水流で磨かれつるんつるん。何とか登り、もう一本の初段スラブも何とか完登。両方バランシーでかなり面白い!おすすめー♪

続いてペタシ系四段にお触り。

Sany0415
ペタンペタンしてるヤナケンさん

できません。できません。クライミングしてる気になれないくらいできません!

ほどよくできないところで山のメインへ。

どーん!

でかい!

カッコいい!

結晶ガビガビでイッターイ!

とりあえず三段?のランジをしばし飛び、颯爽と後回し。

Sany0417
ランジを飛ぶO西くん

そして写真でのみ知ってたカッコいいハング二段?へ。

Sany0443

スタートから一手一手が遠くてフィジカル系。
まるでビショップで登ってるような感覚!

数トライでムーヴが出て、しばらくレストを挟む。

ヤナケンさんからトライ。
完璧なムーヴで完登!

僕。
微妙にミスしながらも気合でねじ伏せそのまま完登!!

ナカジくん。
美しく華麗に完登!!!

素晴らしく良い流れが途切れず♪

その間にもO西くんが三段?ランジを完登!
続いてカドヤンもバッチリ完登!

僕もその後ランジ三段に打ち込むもグリップすれど止まらず。これは次回ぜひ登りたい!

といった感じで全員成果あり♪
あれ?ガラは…。

(;д;)

久々の山花崗岩で、ひ弱な指皮はヒリヒリですが、とにかく非常に楽しい平日ボルダリングと相成りました!
発案のO西くん本当にありがとう!ぜひまたやりましょう♪


次は日曜大沢ボルダーですよーん♪

SIN on [Unnamed]/V8-9. from SIN on Vimeo.

無名ハング二段

| | コメント (0) | トラックバック (0)